圧迫感をなくすことで得られる解放感

さらにくつろげる空間へ

一般的にソファといえば、椅子程度の高さがあるものを思い浮かべます。これにくらべると、ローソファ―はクッション程度の高さに設計された、座るというよりも寝そべる感覚で使用するものに仕上がっています。ソファが備えるやわらな質感はそのままですから、座り心地は従来のソファそのまま。足を伸ばして座れるので、腰やヒザへ負担をかけず座ることができます。椅子に座ったまま眠ってしまい、起きたときに全身が痛くなった経験はないでしょうか。ローソファ―ならば座るときに無駄な力が入りません。もし座ったまま眠ってしまっても、ベッドで眠るのと大差ない回復を期待できるでしょう。ローソファ―のゆったりとした背であれば、全身を預けると同時に、日々の疲労も預けられます。

お部屋を広く見せるコンパクト感

一般的なソファーは2~3人で座ることを想定しています。それだけお部屋を圧迫しますから、置きどころには気を遣いますよね。存在感があるので、カーテンやインテリアをソファへ合わせる必要もでてくるでしょう。その点、ローソファーは高さを抑えている分、通常のものより扱いやすくなります。背が低いので視界を遮らず、室内を広々とした印象に保てるのです。どこに置いてもコンパクトに収まるため、お部屋の印象をあまり左右しません。必然的にインテリアの自由度も増すことでしょう。また、ローソファーは重さも抑えられているため、1人でも持ち運びが可能です。業者に頼まずとも自由にセッティングできるため、部屋を模様替えしたいときに困る心配もありません。